性器ヘルペスについて | あらゆるヘルペスの治療にバルシビルが使われています
オレンジ色の薬

性器ヘルペスについて

では性器ヘルペスとはどういったタイプのヘルペスなのか?

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスにより引き起こされる症状です。
基本的に単純ヘルペスウイルスは2種類存在していて、性器ヘルペスの場合は2型に当てはまります。
なお口唇ヘルペスは1型のウイルスなので、実は違うことがわかります。

そして性器ヘルペスは、男性と女性によってその症状の出方に差があります。
女性の場合は外陰や膣の入り口に症状が見られるようになり、さらに子宮頚部にまで症状がうつってしまうことがあります。
一方で男性の場合は、亀頭部分や包皮そして陰茎体部など、全体的に陰茎のあらゆる場所に症状が見られます。
また症状としては男性も女性も口唇ヘルペスと同様に水膨れが起こったり、赤いぶつぶつのようなものが出てきます。
さらに人によっては性器ヘルペスが肛門や太ももといった場所にも現れたりします。

では性器ヘルペスの感染力についてですが、基本的には性行為をおこなうことによって感染率が高まります。
そのため感染してしまった人は、性行為を避けるべきでしょう。
どうしても性行為に及びたいなら、コンドームを使用することを忘れないようにすること。
もちろんそれだけではなく、バルシビルを使うことも覚えておいてください。
バルシビルは性器ヘルペスにもしっかり効き目がありますので、悩むことになったら迷わずバルシビルを選んで使い始めるようにしましょう。

ちなみに性器ヘルペスは感染している人の半数以上が自覚症状を感じませんので、気づかない人が多いです。
もしわずかでもひりひりするような感覚や、灼熱感を感じるようなことがある場合は、感染していると疑うべきでしょう。