再発を防ぐためには | あらゆるヘルペスの治療にバルシビルが使われています
散り散りになっている薬

再発を防ぐためには

バルシビルを使っても完璧に治療することはできないとても厄介なヘルペスウイルス。
完全に消えないとなると不安な気持ちになってしまうと思います。
ではバルシビルを使ったあとに再発しないようにする方法は何かないのか?
今回は再発防止をするための方法について解説していきましょう。
バルシビルを使うだけではなく、しっかりここで再発防止に注意を向けてほしいと思います。

まずヘルペスウイルスが再発することを防ぐために、普段からの食事に気をつけるという方法があります。
実はヘルペスウイルスの働きを止めるためには、必須アミノ酸であるリジンは非常に重要となります。

必須アミノ酸というのは自力で必要な量を作り出すことができないもので、基本は食事から補給することになるのです。
健康状態を保って免疫力を上げることができ、たんぱく質を作り出してくれます。

また逆にウイルスが好むといわれているのが、アルギニンという成分です。
これがあるとヘルペスウイルスの活動が活性化してしまいます。
しかしアルギニンは不足することによって臓器機能が低下してしまったり、血行障害や肥満などさまざまな症状が出てきてしまうので重要なものです。

ただどちらかといえば、もちろんリジンの方がヘルペスウイルスには重要です。
そのためヘルペスウイルスをなんとかしたい場合は、リジンを含む食事をできるかぎり摂るようにすること。
そうすれば憎きヘルペスが再発するようなことはほとんどなくなるでしょう。
リジンを含むものといったらかつお節やマグロなどの魚介類に加え、チーズや牛肉に豚肉、アーモンドなどのナッツにも多く含まれています。